失敗しない!住宅ローン審査や金利、フラット35

住宅ローンの審査情報や金利、得するローンの組み方などを解説!

 
失敗しない!住宅ローン審査や金利、フラット35HOME > 住宅ローン比較 > 住宅ローン借り換え > 住宅ローン借り換え

住宅ローン借り換え

借り換えでは、低金利の住宅ローンを組み直すことによって
現在の高金利住宅ローンを一括返済することが出来ます。

住宅ローンの借り換えを行う前に、
住宅ローンの比較やシュミレーションなどをしてポイントを押さえておきましょう。

住宅ローンの残金比較とは、
現在残っているローンを元に、借り入れ時の金利と現在の銀行などの
民間ローンの提示している金利を比べることです。

金利差による損得を知ると言うことです。

そうしたら、住宅ローン金利の借り換えシュミレーションが出来、無理しない返済方法として、
繰り上げ返済(ステップ返済)がよいのか借り換えがよいのかがわかります。

※下記で住宅ローンのシュミレーションが出来ます。
  http://mortgage.rakuten.co.jp/

現在、ある程度まとめて返済するゆとりがある場合は、繰り上げ返済をお勧めしますが、
逆に、ゆとりがない場合はローンの借り換えをお勧めします。

借り換えのシュミレーションすることによってローン返済時期や方法が算出出来るでしょう。

金融機関のホームページなどを見たり、問い合わせたりして現在の金利の流れを
知ることも可能でしょう。

住宅ローンの借り換え手数料などの諸費用や金利などは、
各金融機関によって変わるので、チェックしましょう。

金融機関の流れも視野にしっかり入れておくとよいでしょう。

住宅ローンの借り換えが出来ないケース(条件)もあるので気をつけてください。

●住宅金融公庫のような公的資金から公的資金への借り換えが出来ないこと。
●借り換えの審査時に、現借入金額が借り換え後の借入額より上回ってしまう時。
●住宅ローンを借りてから3年以上正常に返済できていない時。
●勤務年数1年未満・営業年数3年未満(自営業者など)の時。
●借り換えの際、ローンの金利差が1%無いとき。
(金融機関によって変わる)
●返済期間が10年を切っている時。(金融機関によって変わる)
●ローン残高が500万円未満の時。(金融機関によって変わる)

金融機関によって違ってくる場合が多いので、
借り換えをする前には、上記の内容を金融機関へ直接アクセスして
事前調査をしておくとよいでしょう。

三菱東京UFJ銀行とauが運営する「じぶん銀行」住宅ローンは、契約者の満足度94%。
お申込みはネットで完了。返済シミュレーターも無料で利用できます。

詳しくは下のバナーをクリックしてご確認ください。

三菱東京UFJ銀行とauが運営する「じぶん銀行」住宅ローンは、契約者の満足度94%。
お申込みはネットで完了。返済シミュレーターも無料で利用できます。

詳しくは下のバナーをクリックしてご確認ください。