失敗しない!住宅ローン審査や金利、フラット35

住宅ローンの審査情報や金利、得するローンの組み方などを解説!

 
失敗しない!住宅ローン審査や金利、フラット35HOME > 住宅ローンQ&A > 審査ってどうなの? > 住宅金融公庫ローンについて

住宅金融公庫ローンについて

住宅金融公庫ローンを受けるには審査があり、
基準を満たしてる場合のみ住宅金融公庫ローンを受けられる事ができます。

わかりやすく図にするとこのような感じです。

【基準】
●建物に対して、特約火災保険をつけること。
●融資を受ける抵当権の設定を1位にすること。
●利用者についての条件が満たされていること。(下記参照)
●融資を受ける物件についての条件を満たしていること。(下記参照)
【利用者の基準】
●日本国籍を所有しているか、法律で定められた「永住者」か「特別永住者」のみ。滞在期間が長くても、預金を持っていても、法律基準を満たした者でなければいけない。

●申込者本人が居住・所有する場合。
親子関係であっても、金融公庫ローンを受けた物件に子供も他人と見なされます。

●月間の返済する金額の5倍以上の月収があるか。(住宅債券積み立て者は4倍)
月給とボーナスをあわせた金額 ÷ 12 = 月収

財形住宅ローンでは、月々の返済額の4倍以上の月収があるか。
★住宅金融ローンと財形住宅ローンを併用する場合は上記の収入基準の合計額を持ち合わせているか。

 
●申込日現在、70歳未満であるか。
70歳以上の方は、「親子リレー返済」や「超長期親子リレー返済」を利用することによって
融資可能となる。
申し込み時に70歳なので、融資スタート時に70歳を越えていても大丈夫。

【融資を受けられる物件の基準
●住宅の床面積が決められた大きさに満たされているか。
新築住宅の場合、床面積が80u〜280u。
新築マンションの場合、床面積が50u〜280u。
80u未満の場合、快適住居をもつ住宅と判断されません
280u以上の場合、購入金に余裕があると見なされます。

●一戸建ての敷地面積が100u以上ある物件。
駐車場や庭などの敷地を含む。

●購入価格が住宅金融公庫の定めている限度額いないである物件。
マンションなどの場合、購入価格の上限か定まっている。
マイホーム新築の場合、住宅の床面積と1uあたりの標準建設費を掛け、
この数字を2.2倍した金額よりも建設費が低ければローンを受けられる。

●住宅金融公庫の建設標準に当てはまっている物件。
<建設基準>
敷地の接道や規模・住宅に関する規格や規模・耐久性確保・断熱構造・
天井の高さ・遮音構造(床)バルコニー設置・配管設備など 

【中古住宅への基準】
●新築物件の基本条件と合致していること。

●建てられてから2年以上建つ物件に人が住居していたこと。
  
●『リ・ユース住宅適合証明書』 に書かれている条件を満たしていること。
リ・ユース適合証明書 は公庫住宅調査を専門とする者に依頼し、
調査実施された日から6ヶ月有効。

 


三菱UFJ銀行とauが運営する「じぶん銀行」住宅ローンは、契約者の満足度94%。
お申込みはネットで完了。返済シミュレーターも無料で利用できます。

詳しくは下のバナーをクリックしてご確認ください。

三菱UFJ銀行とauが運営する「じぶん銀行」住宅ローンは、契約者の満足度94%。
お申込みはネットで完了。返済シミュレーターも無料で利用できます。

詳しくは下のバナーをクリックしてご確認ください。