失敗しない!住宅ローン審査や金利、フラット35

住宅ローンの審査情報や金利、得するローンの組み方などを解説!

 
失敗しない!住宅ローン審査や金利、フラット35HOME > 住宅ローンQ&A > 住宅ローンの種類は? > 財形住宅融資とは?

財形住宅融資とは?

財形住宅融資とは、
自営業者などサラリーマンではない人は利用出来ない、公的ローンの一つです。

サラリーマンの持つ財形貯蓄を、
1年以上継続して行っており残高が50万円以上ある人が利用出来るのです。

ただし、この財形貯蓄は勤め先の会社が福利厚生として導入している会社でないと
サラリーマンであってもこのメリットは利用出来ないのです。

財形貯蓄のうち、財形住宅貯蓄の中から住宅建設などにあてることで、
利子(金利)に課税されない特徴を持っています。

利子(金利)も住宅購入となると大きな額になってくるので、
知っておくと裏技的でもあり、とても賢い大きな買い物が出来るでしょう。

そして、住宅金融公庫や民間ローンと併用することが可能であり、
雇用・能力開発機構による公的融資なので低金利で利用できます。

財形融資自体は3種類ほどあり、
・財形住宅貯蓄
・年金財形
・一般財形
これらも、融資(ローン)を受けることが可能です。

申し込みに関しては、民間ローンと同様に条件さえ揃えば簡単に出来るのです。
条件内容も、公庫融資より緩やかなのでこの制度を利用しているサラリーマンは多くいるでしょう。

金利に関しては、5年ごとに見直しがかかる変動金利(5年固定金利制)を採用しています。

財形住宅ローンの支払い方法は、
事業主転貸(雇用・能力開発機構から勤務先に融資されたものを従業員に貸す)により、
給与から天引きされる方法と
公庫直貸(住宅金融公庫から直接融資を受ける)で口座からの引き落としの方法があります。

事業主転貸の場合、
融資額や収入条件などが会社ごとに違うので、担当部署へ直接相談し資金計画を立てていきましょう。
万が一、ローン返済中に退職した場合、一括返済となる可能性が大きいので注意が必要です。

公庫直貸の場合、
会社側が上記の事業主転貸を採用していない場合、に利用出来る方法です。
住宅金融公庫との併用をする際には、公庫融資の収入条件(月収が月の返済額の5倍以上)と
公庫直貸の収入条件(月収が月の返済額の4倍以上)の2つが同時に伴っていないと
利用出来ないので注意が必要です。

 

三菱東京UFJ銀行とauが運営する「じぶん銀行」住宅ローンは、契約者の満足度94%。
お申込みはネットで完了。返済シミュレーターも無料で利用できます。

詳しくは下のバナーをクリックしてご確認ください。

三菱東京UFJ銀行とauが運営する「じぶん銀行」住宅ローンは、契約者の満足度94%。
お申込みはネットで完了。返済シミュレーターも無料で利用できます。

詳しくは下のバナーをクリックしてご確認ください。